スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンゴとサンゴ礁のはなし



 こんちは。一月ほど前にこんな本を買いました。

『サンゴとサンゴ礁のはなし』

 いやぁ、知らないことっていっぱいですね。っつうか知らないことを知らないっつうか気にもしなかったこと。

 そんなことを考えている人が居るわけですよ。

 これ一冊でサンゴのことは全て解ったような気になるから不思議。

 たとえばこないだ写真に載っけたようなハゼとテッポウエビの共生。
 一緒に住んでることは知ってるけど、お互いどんなメリットがあってどんな暮らしを営んでいるのか。書いてあります。

129.jpg

 ホンソメワケベラ。
 この魚はお掃除魚として有名ですが、なぜお客さんである大きな魚に食べられないか。その秘密が
青に黒線の制服にあることも書いてあります。


131.jpg

 このミスジチョウチョウウオやこないだ載っけたアケボノチョウチョウウオには眼を通る黒いラインがあるけど、これは眼を隠すための迷彩であるなんてことも書いてあります。

 魚の模様にそんな意味があるなんてこと考えもしなかった。

 こんな秘密がいっぱい。すごく易しく優しく書いてあるし、面白くてグイグイ引き込まれていきます。



 皆さんにも是非とも読んでいただきたい。

 ではでは。


 ぽちっとお願い→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

<< ある日森の中 | ホーム | さよなら鬼ごっこ >>


コメント

理解すること~☆

目が合ってしまいました(*^m^*)
中公新書!!
エビは、長い触角でハゼの尾びれに触れて、
安全か危険の合図をもらっているんだぁ☆
魚の水平と垂直の縞模様は、輪郭線を消すため☆
サンゴに関するQ&Aは、初心者の私にもわかりやすいですヽ(^◇^*)/ ♪
サンゴは複雑でデリケート☆.:*°☆
“ふ~ん”ってうなずく事ばかりです~◎

 読まれましたかぁ。

 市長や大和のおじさんにも読んでもらいたいもんです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。