スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーベル賞


 こんばんは。

 今年もノーベル賞受賞者が次々と決まっていますねぇ。

 おいらとしてはノーベル賞よりも、そのパロディ?のイグ・ノーベル賞の方が気にかかります。

 このイグ・ノーベル賞、ノーベル賞と同時期に発表される「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対し与えられる賞で、年々知名度が上がってきているように思います。

 これまでは下らない(←もちろん良い意味でね)研究が多かったように思います。ところが、今年は脳を持たない原生生物である粘菌に迷路を最短ルートで解く能力があることを発見した北海道大の中垣俊之准教授ら6人が「認知科学賞」を受賞しました。

 この研究は、前にテレビでやってたのを見たことがあります。迷路の入口と出口にエサを置いて、粘菌をその迷路上に放つと、収縮運動を繰り返す内に最短ルート上に伸びる一本の形になるというものでした。

 詳しくはこちらをご覧下され→粘菌が迷路を最短ルートで解く能力があることを世界で初めて発見

 この研究、将来もしかしたら本家本元のノーベル賞を取る可能性を秘めていると思いませんか?



 他にもアカデミー賞のパロディでスターローンがしょっちゅうノミネートされるゴールデンラズベリー賞ってのもありますねぇ。

 自分の名前までパロディで付けちゃう人もいます。

 有名どころでは江戸川乱歩。この人はエドガー・アラン・ポーから。

 ケーシー高峰は江戸川ケーシー、じゃなくてエドガー・ケイシーから。

 谷啓はダニー・ケイから。

 益田喜頓はバスター・キートンから。

 そしてHITOKUICHIKUWAはhitokuichiwawaのパクリパロディです。



 さてさて本家本元のノーベル賞。下村脩(しもむらおさむ)さんがノーベル化学賞を受賞したとのこと。

 間違っていたら申し訳ないが、この人もパロディではないかと思います。

 誰のって?
 島村修(しまむらおさむ)さんに決まってんじゃん。

 知らない?
 島民会議の顧問ですよ。

 9月7日に島民会議と米原の森プロジェクトチームの主催で開かれた『第1回 米原海森遊びの会』でも講師を務めていただきました。

 『遊びを通し、自然を確認 島の未来を考える会が初の催し』

 『自然は危機的な状況』


 おやおや、こんな賞も貰ってたんですね。
 『島村修氏に県初の総裁賞 日本鳥類保護連盟が功績評価』


 この『米原海森遊びの会』、ここでも案内しようと思っていましたが、あっちゅう間に予約が定員オーバーしてしまったので案内できませんでした。

 記事にあるように島村さんとの自然観察。


041.jpg

 絵本の読み聞かせ。


059.jpg

 月桃を使ったビーチ・フラッグ。


069.jpg

 ビン球や夜光貝、貝殻の壁飾りなどが当たる宝探し。


072.jpg

 カヌーと箱めがねを使った海中観察。


 などなど大人も楽しい一日でした。



 次回は11月。そして継続して開かれますので皆様お楽しみにね。



 だば。


 ぽちっとお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

<< 佐久田川自然観察会 | ホーム | けっしん >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。