スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自力移動


 こんばんは。

 さっそくリゾート予定地における伐開について。


 この場所にはほんとにいっぱいの生き物がいました。


 平成17年7月に大和ハウスと興ハウジングが市に提出し、のち情報公開によってわしらの手にも入った『米原リゾートホテル開発計画に係る環境調査報告書』を見てみましょう。
 ちなみにこの報告書、平成19年2月7日に石垣市企画調整室から同農政経済課に出された、『「同意取り消し要請」に関する見解』と題する文書には、「・・・・・環境調査報告書等に至っては本市への提出もないことから同条に抵触あるいは違反しているとは解し難い。」と書かれています。

 提出もないのに情報公開してしまうとは、、、、、。おいらは単に揚げ足をとってるわけではないよ。こんなにいい加減に農振除外をして、農振除外によってリゾート開発の目途が立ったからこんなことになっていると言いたいわけだ。

062 [640x480]

 


 この報告書には文献資料を引用する際に、改竄されてることはこれまでにも指摘してきました。大和ハウスが経緯を調査中だと述べてから何年も経ちましたが、何か判りました?ま、発表できんわな。


 この『環境調査報告書』の第4章、『環境保全対策』で大和ハウスと興ハウジングはどう述べているか?

 例えば、4.6 哺乳類 1)工事中 (1)ヤエヤマオオコウモリ及びヤエヤマコキクガシラコウモリを確認した森林の一部が伐採により消失する。そのために造成時には杭・テープ等によって伐採域を明示し、必要以上の伐採を避ける。 (2)樹木の伐採は、生物の生息域を確認しながら段階的に行う。

 例えば、4.7 鳥類 1)工事中 (1)重要な種を確認した森林の一部が伐採により消失する。そのため造成時には杭・テープ等によって伐採域を明示し、必要以上の伐採を避ける。 (2)樹木の伐採は、生物の生息域を確認しながら段階的に行う。

 例えば、4.8 爬虫類・両生類 1)工事中 (1)セマルハコガメを確認した森林の一部が伐採により消失する。そのため造成時には杭・テープ等によって伐採域を明示し、必要以上の伐採を避ける。 (2)樹木の伐採は、生物の生息域を確認しながら段階的に行う。 (3)ヒロオウミヘビの生息地への濁水及び土壌の流出による影響を防ぐために、十分な濁水対策を講じる。 (5)工事中は、道路へのセマルハコガメのとびだしを防止するためのフェンスを設置する。 (6)工事中に事業計画地で発見されたセマルハコガメは、事業計画地の外に移動させる。

 例えば、4.9 陸生甲殻類 1)工事前 (1)工事前に事業計画地の踏査を行い、オカヤドカリ類の土地造成地域外への自力移動を促す。または捕獲移動を行う。なお、捕獲によってオカヤドカリ類を移動する際には、関係機関(沖縄県教育委員会文化課、石垣市教育委員会等)との調整を事前に行う。 2)工事中 (1)オオナキオカヤドカリを確認した森林の一部が伐採により消失する。そのため造成時には杭・テープ等によって伐採域を明示し、必要以上の伐採を避ける。 (2)樹木の伐採は、生物の生息域を確認しながら段階的に行う。 (3)造成工事中に、事業計画地で発見したオカヤドカリ類は、事業計画地の外に移動させる。 (5)工事中は、道路へのオカヤドカリ類のとびだしを防止するためのフェンスを設置する。

 例えば、4.10 陸生貝類 1)工事中 (2)イッシキマイマイの生息地への濁水及び土壌の流出による影響を防ぐために、十分な濁水対策を講じる。

 例えば、4.11 陸生昆虫類 1)工事中 (1)イシガキモリバッタ及びキイロスジボタルを確認した森林の一部が伐採により消失する。そのため造成時には杭・テープ等によって伐採域を明示し、必要以上の伐採を避ける。 (2)樹木の伐採は、生物の生息域を確認しながら段階的に行う。 (3)重要な種が多く生息する海岸林への濁水及び土壌の流出による影響を防ぐために、十分な濁水対策を講じる。

 例えば、4.12 ウミガメ類 1)工事中 (3)海域への赤土流出を防止するため、前述の濁水対策を確実に実施する。

 などなどなど。


 現実はどうか?

 これが、自力移動を促して、必要以上の伐採を避け、濁水及び土壌の流出による影響を防ぐために十分な濁水対策を講じて、生物の生息域を確認しながら段階的に行った結果、一部が伐採により消失した森だそうな!怒!

067 [640x480]



 ではまたな。


 ぽちっとお願いします→人気ブログランキングへ

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

エブリバディ ハイ ハイ ハイ!


 みなさん超ご無沙汰しておりました。
 あっという間の一ヶ月。またまた生活再建に取り組んでおりました。


 一月ブログ更新しないと数十時間から百時間近い余裕が生まれることになります。

 なんて言うと、さぞかしイロイロ片付いたこととお思いかもしれませんが、さに非ず。

 まぁ生活再建の大半は部屋と資料の片付けなわけですが、そんなことに取り組んでいると古い手紙や写真が出てきたり、読まぬままになっている本が出てきたり、、、、、以下略。

 まぁ、それでも一応、人間らしい生活を取り戻せました、、、人様にはどう映っているかは別として。



 さて、こっちを立てればあっちが立たない。っつうか建てようとしているようだ。

068 [640x480]

 ここは米原リゾート予定地。無届でこっそりやってやがったから、ごらんの通りごっそりやられちまいました。ざっと2ヘクタールといったところ。年明けかもしくは旧年中から着手していた様子。

 ここは砂浜から20mほどの幅の防潮林(国立公園の第2種特別地域)のすぐ内側。この伐開でこの辺りの有象無象の命が奪われたのは勿論、生態系にも著しい打撃を与えたことは想像に難くありません。

 やってる奴らはサトウキビ畑にすると言ってるらしいが、ここは既に平成17年に興ハウジングと大和ハウスの間で売買契約が済んでるいるところ。
 しかも平成19年には、リゾートを造るのにここだけでは足りないからと言って隣接地の農振除外もしたのではなかったか。
 もしかして自分たちでも混乱してますか?

 さてさて、明日からもこの話はせねばなるまい。


 んじゃね。

 ぽちっとお願い→人気ブログランキングへ

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

六大は、、、、、


 みなさま、こんばんは。


 大晦日から三が日にかけて寒かったここ石垣島ですが、今日などはTシャツ1枚でも汗ばむほどの陽気です。


 年末年始は音沙汰なしで失礼しました。

 これまで音楽はパソコンのメディアプレイヤーで聴いていたのですが、歳の瀬にCDプレイヤーを買いましてね。
 これまでみたいにパソコン開きっぱなしにしなくて済むようになったら、パソコンの前に座っている時間もめっきりと減ってしまいました。これはこれで良い事だと思っています。
 このCDプレイヤー、安物なんですがUSBやSDカードに対応していて、LP(といって若い子に笑われた)にして20枚分くらいは平気で連続再生ができます。ちょっと幸せ。

 んでパソコンの前に座っていない分、何をしていたかと言うと、たとえば読書。といっても筒井康隆(けっこう好き)とか友達がくれたゴルゴ13とかなのだけれどもね。
 で、ゴルゴ13ってかなり昔からあるよなぁとか思いつつヤホーで検索とかしてみた(byナイツ)。それによるとゴルゴってば自分のことを嗅ぎ回る奴は必ず消すらしい。

 検索したことがバレたらどうしよう。


 屋内ばっかりじゃなくて外でも遊びました。たとえばバトミントン。このスポーツはねぇ、兎に角ハード。
 ぜったいに腹筋が強くなる。うそだと思うなら気のおける友達とやってごらん。

 もうねぇ、腹を抱えて転げまわること請け合いです。




 さてさて、おいらはこうして楽しい日々を過ごしていますが、ほんとにありがたいことです。

 たくさんの人が仕事にあぶれ、寝るところも食べるものもないと報じられています。おいらが彼で、彼がおいらだったかもしれません。

 空海に「六大は無碍にして常に瑜伽なり」という言葉があるそうです。
 おいらにも解るように言うと、「無碍」とは隔てのないこと。「瑜伽」は溶け合うことで、「生命の世界は切り離すことができない状態で存在しているのであって、一つ一つを切り離して語ることはできないものだ。」ということだそうです。(『密教お大師さまが教える生命の真実』 池口恵観)

 今で言う「共生」に似ていますかね。(なんだか大和ハウスがあつかましくも「共生」「共生」って言うから「共生」っていう言葉の値打ちが下がった気がしてねぇ。)


 これまで(敗戦後?)、欧米と同じように損だの得だのといって踊ってきたわけだけれども楽しかったか?

 今年はたくさんの日本人がそのことに思い当たって、夢から覚める年になるような気がしています。


 おいらとあなたと彼、そして虫も草花も、無碍にして瑜伽なり。





 冷蔵庫にケーキが入っていることは内緒だけどな。



 ぽちっとお願いします→人気ブログランキングへ




 

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

六羽でも七面鳥



 こんばんは。
 いつの間にやらクリスマスも過ぎました。


 皆さんはチキンを食べましたか?
 海の向こうでは七面鳥を食べるのが正統であり、日本に入って来たときに手近なところでチキンになったのだろうと思っていました。
 んが、いま、さらっと調べたところ、七面鳥は元々はアメリカのもので、それがヨーロッパに伝わったらしい。キリストの生誕を祝うご馳走なので肉が出るってことで別にチキンでも七面鳥でもよいらしい。

 何でこんな話をはじめたかというと、小林よしのりが「SAPIO」誌に、海外では新年を迎えてもクリスマスツリーが飾られていると書いていたので、なるほどそういうものかと思ったのをきっかけに日本でも定着したクリスマスについて考えてみた次第です。

 でもまぁ、定着したといっても(敬虔なるクリスチャンを別にすれば)それなりに日本風にアレンジされてしまっているわけです。
 一神教の神様や聖人まで多神教的神様にしてしまうところが日本らしいといえば日本らしい。節操がないといえば節操がないのかもしれませんけどね。
 んでまぁ、日本に入った時点でターキーが居ないから手近にチキンにしとこうってアレンジされたのだと早合点していたわけです。

 クリスマス・ツリーなんて西洋七夕といえなくもないし、そのうち短冊や絵馬が架けられる時代がやって来るかもしれない。・・・・・・こないか。

 知人の家では、子供がサンタさんを怖がったことをよいことに、「良い子にしてないとサンタさんが来るよ!」って脅し文句に使っています。
 こうなると最早サンタさんはなまはげと同格です。


 我が家でなまはげの代わりを務めたのはサンタさんではなく、押入れの天井裏に住んでいた松っつぁんと梅吉っつぁんという鬼で、悪さをすると押入れに閉じ込められました。
 ええ。わんわん泣きましたともさ。

 我が家には仏壇と神棚があって、ついでにいえば襖と障子はあるけどカーペットとかソファーはない家でしたのでキリスト教とは全く無縁でした。
 ですから友人の家でご飯をご馳走になった折に、「いただきま~っす」って箸をつかんだら、その家の人がみんな指を組んで「天にまします・・・・・」と始めたので吃驚仰天したことを覚えています。
 ただ何をご馳走になったかが全く思い出せなくて、、、、、それでも無理に思い出そうとすると、冷素麺が浮かんできます。

 アーメン ソーメン 冷素麺。

 今の子供はこんなこと言わないのかな?






 Otis Redding 「Amen」



 ではまた。

 ぽちっとお願いします→人気ブログランキングへ

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

サカキカズラになりてぇ~



 こんばんは。

 前回、トウツルモドキだとスパッと言い切ったのですが、ツルアダンでした。面目ない。
 その次の写真もツルアダンの実のようです。写真のは一見、地面から生えているようでしたので、アナナスの仲間か何かかと思っていました。


 さて、続き。


169.jpg

 カゴメランだと思いますが、下の葉っぱには真ん中が白っぽくて、これはハチジョウシュスランの特徴のようです。どっちだ?カゴメランなら県のレッドデータブックの絶滅危惧Ⅱ類です。


171.jpg

 山道で風にのってふわぁーって飛んで行くものを何度か目にして、鳥の羽だろうと思っていましたがその正体が実はこれでした。
 サカキカズラの種で、この白いところがふわぁーっと広がって風に乗って行くのだそうです。

170_20081221010440.jpg

 こんな風に実に入っています。


172.jpg

 これは何かの実のようですが、同行者によると虫こぶなんだそうです。


178.jpg

 ヤエヤマヤシの根元から子供のヤシが生えてきています。おそらく落ちた実から芽が出たのでしょう。これはもうかなり下ってきたところ。
 ヤエヤマヤシは国の天然記念物で、自生地は西表の2箇所とここ米原だけです。だったら全身の写ってる写真も撮ってこいよ→俺。


 だば。


 ぽちっとお願いしまする→人気ブログランキングへ

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。